クエン酸と酢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クエン酸

酢を体内に入れるとクエン酸に姿を変えるという特性があります。
ですから、
酢の物を食事に取り入れるだけでもクエン酸を取り入れるというわけです。

夏バテを防止するためにクエン酸は相当に効果的です。
ですから、夏のシーズンには酢の物をどんどん食べるように気を配ってみましょう。

クエン酸関連のみならず、酢には複数の夏バテ防止効果が望めます。
最初に思い浮かべられるのが、食欲を増進させるということです。
体がだるくなり、疲労がたまると、どうしても食欲を感じにくくなってしまいます。

酸っぱいものを口に運んだり見た際、
意識しなくても唾液が出だすのは誰でも知っています。

食欲増進をするのに唾液はなくてはならないものなのですが、
酸味を持つ食材を口に入れると、唾液だけでなく胃液の分泌を促進することも出来ます。

体の調子が悪いと消化能力も落ちてしまいますが、
酢を摂ると、スムーズに食欲を回復させることが可能でしょう。

猛暑でもさっぱり食べられる酢の物は、メニューにも盛り込みやすいのではないでしょうか。
酢を用いた料理を食べることでクエン酸もたっぷりと食べることが出来ます。

クエン酸を摂りたいと思いつつも、
どうも酢に苦手意識があるという人は、リンゴ酢などなら大丈夫なのではないでしょうか。
酸味がやわらかで酢の刺激が目立ちません。

通常の酢と比べても甘さが感じられるので、
幼い子供が酢の物を嫌がるときにも、リンゴ酢が活躍するでしょう。
この他、独特な刺激が苦手だという人は、煮物をはじめ加熱を行う料理で酢を取り入れるといいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る